大阪で万博が開催された日

42年前となる1970年の今日、大阪で万国博覧会が開催されました。
今は跡地の約半分を万博公園として利用しており、シンボルとなる「太陽の塔」がそびえ立っています。
残りの半分はエキスポランドでしたが、ジェットコースター事故などで閉園となりました。
太陽の塔には、正面に2つの顔がありますが、実は裏側にも黒い顔があります。
(奇人として)有名な岡本太郎氏のデザインで、現在、過去、未来を表しているのだそうです。

70年万博タイムスリップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation