ほんと参った。

  • ランダムな原因によるランダムな再起動/ハング →10/14 落ち着いてきた
  • 複数ドライブ構成での、C以外のドライブが見えなくなる現象
  • C以外のドライブの読み書きが異常に遅くなる現象 →10/14 書き込みキャッシュをOFF→ONにし直したら改善されたかも
  • エクスプローラの表示設定初期化 →10/14 あきらめる
  • 電源オプションがパルプンテ状態(スリープ60分後、休止状態1分後なんて設定されてた)
  • バックアップ設定が半端に消えてたかも

おかげでVMwareの仮想マシンが止まる、壊れかける、超遅い。
ひょっとしてVMnet0がなくなったのもAnniversary Updateのせい?

皆様のご支援のおかげで、このたび改訂新版を出すことができました。
本当にありがとうございます。

[改訂新版] Windows コマンドプロンプト ポケットリファレンス

改訂新版の目玉は、なんと言っても

  • Windows 8、Windows 8.1、Windows 10への対応
  • Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2への対応
  • Active Directory管理コマンドの大幅追加

と、非常に実用性が上がったのではなかと思います。
ADの少しだけ気の利いた条件検索などは、コマンドを使えば簡単にできますので、ぜひこの機会にチャレンジしてみてください。

ところで、早速で申し訳ございませんが、以下の通り誤りを修正させてください。

【P.153 Manage-bde -onの説明】

OSボリュームを保護するには、次のキー保護機能を利用できる。

  • 数字パスワード
  • 外部キーファイル
  • TPM、PIN、スタートアップキーの組み合わせ


OSボリュームを保護するには、次のキー保護機能を利用できる。

  • 数字パスワード
  • 外部キーファイル
  • スタートアップキー

【P.154 Manage-bde -onの説明(続き)】

PINによる保護を設定した場合は、(中略)4桁のPINを入力する。


数字パスワードによる保護を設定した場合は、(中略)48桁の数字パスワードを入力する。

それでは、皆様によりよいコマンドライフが訪れますように。

1. コントロールパネルの[言語]で英語(米国)を追加する。
2. 英語の言語パックをダウンロードしてインストールする。約25MBある。
3. RSATをインストールする。
4. ウィザードザードの要求通りWindows 10を再起動する。

キモは英語(米国)の言語と言語パックをインストールすること。

Windows Server 2012のWSUSを長らく使用しているが、管理コンソールのセッションがやたらと切れるようになった。
サーバーノードのリセットというやつだ。そこで、

WSUS DB インデックスの再構成の手順について


をやってみることにした。
Windows Internal Databaseを操作するためにはSQL Server用の管理ツールが必要なのだが、リンクにあるSQL Server 2005や2008用ではWindows Server 2012との互換性が低く、ちょっとよろしくない。
ということで、SQL Server 2014 Expressを使うことにした。
どうやらうまくいきそうだ。

Windows 8日本語版は、なぜか頑なにキーボードを英語配列にしてしまうことがある。
デバイスマネージャーでは確かに日本語109キーボードと認識されているのに、デバイスドライバーを変えても、言語に間違いなく日本語を設定しても、ついにはレジストリを編集しても、シャットダウンすると次回起動時には英語配列になっている。

まさに怪現象。

この問題について、マイクロソフトでは、こんなサポート技術情報を公開している。
キーボードデバイスのドライバーを手動で選択したり、レジストリを編集したりする方法だ。
Windows 8 でキーボードが英語配列キーボードとして認識される

だけど、それでも次回起動時には英語配列になっていることがある。
ひょっとすると、日本語版なのに日本語が使えない設定になっているかも知れない。
その場合は次のサポート技術情報を参考にして、言語をインストールしてみよう。

Windows 8 および Windows RT で利用できる言語パックについて

しっかり日本語がインストールされていて順序も最上位にセットされているのに、意地でも英語配列になってしまう場合は…

最後の手段。
次の記事を参考にして、「高速スタートアップを有効にする」チェックボックスをオフにしてみよう。

Windows 8レボリューション: 第17回 素早い起動を可能にする「高速スタートアップ」

これだけやっても直らなかったら、メーカー提供のキーボードデバイスドライバーを探してみよう。

今のWindowsはよくできているけど、まだまだダメなところもある。そのひとつが、SID残骸問題だ。

たとえば、あるユーザーでオブジェクトを作成すると、オーナーはそのユーザーになる。
ここでユーザーアカウントを削除すると、オーナー情報はいきなり宙ぶらりんになる。
こんな調子で、SIDの残骸がWindows内外のあらゆるところに残る。

ファイルやフォルダ、内部オブジェクト、GPO、意外なところでDNSレコード、その他もろもろ。

ユーザーアカウントを削除するときは、残留SIDがないようにしてほしい。グループから抜くだけじゃなくて。
SIDの残骸が出そうになったら、代わりにローカルAdministratorでも突っ込んでくれるような機能がほしい。
誰を代理にするか、ポリシーで設定できたらいい。
でないと、一度作ったユーザーアカウントは、そのシステムがあり続ける限り消せないじゃないか。