未成年者飲酒禁止法の制定日(1922年)

1922年(大正11年)の今日、二十歳未満の人は酒を飲んだり買ったりしちゃダメって法律ができた。
平成に入って改正されて、現在ではこんな条件も追加されている。
これから宴会が多くなるだろうけど、若いやつに飲ませるときは注意ね。

  • 未成年と知ってて売ったらダメ
  • 売るときは年齢確認しなきゃダメ
  • 未成年が酒飲んでるのを知ってて止めない親もダメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation