皆様のご支援のおかげで、このたび改訂新版を出すことができました。
本当にありがとうございます。

[改訂新版] Windows コマンドプロンプト ポケットリファレンス

改訂新版の目玉は、なんと言っても

  • Windows 8、Windows 8.1、Windows 10への対応
  • Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2への対応
  • Active Directory管理コマンドの大幅追加

と、非常に実用性が上がったのではなかと思います。
ADの少しだけ気の利いた条件検索などは、コマンドを使えば簡単にできますので、ぜひこの機会にチャレンジしてみてください。

ところで、早速で申し訳ございませんが、以下の通り誤りを修正させてください。

【P.153 Manage-bde -onの説明】

OSボリュームを保護するには、次のキー保護機能を利用できる。

  • 数字パスワード
  • 外部キーファイル
  • TPM、PIN、スタートアップキーの組み合わせ


OSボリュームを保護するには、次のキー保護機能を利用できる。

  • 数字パスワード
  • 外部キーファイル
  • スタートアップキー

【P.154 Manage-bde -onの説明(続き)】

PINによる保護を設定した場合は、(中略)4桁のPINを入力する。


数字パスワードによる保護を設定した場合は、(中略)48桁の数字パスワードを入力する。

それでは、皆様によりよいコマンドライフが訪れますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation