WSUSで時間のかかる処理、例えばサーバークリーンアップウィザードなどを実行すると、コンソールが突然「接続エラー」になってギブアップしてしまう現象があります。
「サーバーノードのリセット」「エラーをクリップボードにコピー」しか実行できず、とても不便です。
これは、データベースのクエリ実行タイムアウト値が、実際に処理にかかる時間よりはるかに短いことが原因です。
ということで、タイムアウトを無期限にしてしまえ!
実行にはSQL ServerのManagement Studioが必要で、この後WSUSサーバを再起動してください。

USE SUSDB ;
GO
EXEC sp_configure ‘remote query timeout’, 0 ;
GO
RECONFIGURE ;
GO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation