Windows 10 1809以降では、リモートサーバー管理ツール(RSAT)などがオプション機能に再編されている。
オプション機能はWindows Updateサイトにアクセスしてダウンロードするが、WSUS利用時にはWSUSからインストールしようとする。
しかし、RASTはWSUSでの配布用に提供されていないため、WSUS環境ではRSATのインストールが次のエラーで失敗する。

  1. この機能を取得するには、管理者に問い合わせてください。
  2. エラーコード:0x8024500C

1.の原因:WSUSにアクセスしてみたもののRSATが見つからなかったため。
2.の原因:Windows Updateサイトにアクセスしようとしたが、ポリシーなどでアクセスが禁止されているため。

そこで、次のポリシーを編集して適用することで、WSUS環境でもRSATをインストール可能になる。

  1. コンピューターの構成 – 管理用テンプレート – Windowsコンポーネント – Windows Update
    インターネット上のWindows Updateに接続しない
    無効
  2. コンピューターの構成 – 管理用テンプレート – システム
    オプションコンポーネントのインストールおよびコンポーネントの修復のための設定を指定する
    有効
    チェック:Windows Server Update Services (WSUS) の代わりに、Windows Updateから修復コンテンツとオプションの機能を直接ダウンロードする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation